がちりびと

仮想通貨で億り人になるための方法を日々研究しています。

ビットコインは儲かるのか?仮想通貨に今から参戦するメリット、デメリット

f:id:gachiribito:20180108003543j:plain

ここ最近、ニュースやネットなどで「ビットコイン」といったワードを耳にする事も増えてきた人も多いのではないでしょうか。ビットコインとは仮想通貨の事で、2009年にサトシ・ナカモトと名乗る人物により運用が開始されました。

そもそも仮想通貨とは特定の国による価値保証もない為、銀行に預け入れる事ができません。各々がウォレットと呼ばれる保管場所を作成し、仮想通貨を保管します。仮想通貨の1つであるビットコインは2016年末には時価総額が1兆円前後だったのですが、1年後の2017年には時価総額40兆円とまさにバブル状態が続いています。

そんな仮想通貨ですが、「興味はあるがよくわからない」「得体がしれないから怖い」といった声も多く上がっているのが事実です。そこで、本記事では今から仮想通貨に参戦するメリットとデメリットに焦点を当てていきたいと思います。

仮想通貨の歴史

冒頭でも少し触れましたが、もう少し仮想通貨の歴史・概念について触れていきましょう。 仮想通貨の歴史は浅く、2009年1月にビットコインの取引がされたのがすべての始まりです。

ビットコインはプログラミングで作られており、送金や発掘といった作業はすべてインターネット上で行われます。手数料もかからず、中間に政府や銀行といった機関も挟まない便利さがアメリカで人気を呼び瞬く間に全世界にその名を広げていきました。
最初はビットコインしかなったのが、2018年現在では1500種類を超える仮想通貨が存在しています。それぞれ時価総額、決済スピードに違いがあります。

中には開発していない状態で公開をする「未公開コイン」、高額配当を謳ったポンジ・スキームなどいわゆる詐欺コインや失敗コインと呼ばれるものも多く見受けられるので仮想通貨に参戦する前には入念に知識を入れておく必要があります。

今が熱い!仮想通貨に参入するメリット

巷では「今から参入してももう遅い」といった声もちらほら聞こえてきますよね。それらの声は参考程度にとどめておきましょう。

実際にその人が仮想通貨の行く末を決める事はできないので、1番良いのは一つの意見として取り入れつつ自分で仮想通貨について入念に調べて、ある 程度知識がついた所で少額取引から始めてみる事です。今から仮想通貨に参入する事で享受できるメリットは大きく分けて以下2つあります

・時価総額が1年で40倍に跳ね上がっているので、これから更に上昇する可能性がある。
・国際的大手企業の参入により、より安心・信頼度が増してきている


時価総額が40倍になるという事は、単純に言うと100万円の仮想通貨が4000万円になるという事です。これだけ多くの仮想通貨が生まれ、参入する企業が増えてきて更には時価総額もうなぎ上りである点を考慮すると、今から仮想通貨に手を出しても利益を享受できる可能性が高いといえるでしょう。

仮想通貨に参入している企業は楽天、Apple、Google、サイバーエージェント、GMOといった大手企業が名を連ねています。手数料も安く、決済スピードも速いのでこれからも多くの企業が参入してくる可能性が非常に高いです。

油断は禁物!仮想通貨に参入するデメリット

先述した仮想通貨に参入するメリットに反して、ここでは仮想通貨に参入する際のデメリットについて見ていきましょう。まず仮想通貨は必ず儲かるといった事を保証するものではなく、当然損額を被るリスクもある事を念頭に入れておきましょう。

多くの人・会社が参入しているという事は、そこには必ず悪知恵を働かして善人からお金をむしり取る人が存在します。仮想通貨で言うと最低購入価格が高額に設定されている詐欺コインや、仮想通貨関連の怪しいセミナーなそが挙げられます。

今から参入すると当然古参の人より知識面では負けてしまう為、足元を救われないように留意しておく必要があります。また、取引先所が潰れてしまい予想打にしない損害を被る可能性もあります。実際に2014年にはマウントゴックス社の社長が「取引所に預け入れらていてる仮想通貨がハッカーに全て盗まれ、お客様のビットコインが全て盗まれてしまいました。

返済できるほどの資金もないので当社は倒産します」と会見で言い残し、本当にそのまま取引所がなくなった事例もあります。この時にリスク分散をせずに全ての仮想通貨をマウントゴックス社に預け入れていた人もいるかと思いますが、全て「自己責任」の一言で片付けられてしまいます。

仮想通貨の取引が活発になるに連れ、優秀なハッカーも動きを活発化させてくるので2018年以降はさらなる注意が必要です。具体的には1箇所に仮想通貨を預け入れる事はせず、複数の取引所に分散して仮想通貨を預け入れるようにしましょう。そうする事で万が一取引所が倒産したとしても、損害を最低限に抑える事ができます。

ビットコインは儲かるが全て自己責任

結論として、上手に運用する事でビットコインは儲かります。それは価格変動の幅が大きく、2018年1月現在は値下がりする事なく上昇しているからです。ただ、明日には暴落する可能性もありますしどんなに損を被ったとしても「自己責任」となります。

有名所で言うとお笑い芸人の平成ノブシコブシ吉村さんやロンドンブーツ1号2号の淳さんもビットコインで損害を出しているようです。仮想通貨を始める際は入念に下調べをする事、余剰資金で少額から始める事、そして全て自己責任である事を忘れずにしましょう。