がちりびと

仮想通貨で億り人になるための方法を日々研究しています。

注目の日本初ICOプロジェクトCOMSAって何?

f:id:gachiribito:20180112235521j:plain

COMSAとはテックビューロ社が発表したプロジェクト(ICOプラットフォーム)の名前です。対象は企業でありICOによる資金調達と既存アセットのトークン化技術、そしてZaif取引所、mijinプライベートブロックチェーンによる内部の勘定技術をワンストップのソリューソンとして提供しています。ここでは少し難解な単語、そして概念が複数飛び交うので順を追って説明していきたいと思います。

そももそもICOプラットホームとはなんの事?

冒頭でもCOMSAはICOプラットフォームであると説明しました。そもそもICOとはInitial Coin Offerning(イニシャルコインオファリングス)の略で仮想通貨資金による資金調達の事を指します。また、プラットフォームとはソフトウェアが動作する上での基盤となる部分の事を指しますので、ICOプラットフォームとは仮想通貨基金による資金調達がPC上で行えるといった認識になります。

ICOで資金調達をする事のメリットは短期間に多くの資金を調達ができる点です。まだ生まれて間も無い概念の為、その将来性に惹かれて投資をする人も多くいるのが事実です。また、中間に業者を挟む事なく投資家から資金を調達する事もできるので余分なコストがかからずに済みます。

デメリットは単純明解で投資家が大きな損害を被る事がある点です。まだまだ未成熟な領域なので、プロジェクトが大失敗に終わる可能性も十分あります。

COMSAの生まれた背景・目的とは

ICOプラットフォームの一つが「COMSA」です。テックビューロ株式会社が日本で初めてリリースしたICOとして注目を集めました。そもそもなぜCOMSAが誕生したかと言いますと、国内外でICOの盛り上がりが顕著になってきた事やクラウドファンディングなどの新しい資金調達の勃興が背景にあります。

実際に企業が0からICOを実施するとなると法的な面と技術の面が大きな参入障壁となるので、これらの懸念点を解決すべくCOMSAが誕生したのです。具体的には暗号通貨は価格変動が頻繁に起きる為、会計上や監査上における処理に煩雑さが伴います。これが法的な面の参入障壁です。

ICOを行うにはブロックチェーン技術が必要となってきます。仮想通貨の取引には必ず履歴を残す必要があるので、ハッシュ値やデータベースの知識などが必要不可欠です。これが技術の面の参入障壁です。これら2点の参入障壁がなくなると、多くの企業が参入する形となり現在では約100億円調達する事に成功しています。

COMSAから提供されるソリューション

COMSAから提供されるソリューションには以下のようなものがあります。

他言語でのホワイトペーパーの作成
ブロックチェーン技術導入プラン
国内外へのPR
トークンセールス(売り出し)

これらのソリューションを一括して提供しているのが強みと言えるでしょう。ホワイトペーパーではプロジェクトの内容・目指すべき所、発行されるコインの使い道に関して書かれている仕様書のようなものです。この仕様書でICOに参加するかどうか判断されるので、非常に重要な項目となってきます。

ほとんどの企業がホワイトペーパーの作成や導入プラン、そしてPR方法に関して知識を有していない為COMSAが一括して対応してくれるのは企業にとっても心強いですよね。既に100億円前後の資金調達にも成功している為、多くの企業から厚い期待を寄せられています。

COMSAとは仮想通貨ではなく「仮想通貨トークン」

以外と勘違いしやすいのが、COMSAは仮想通貨ではなく「仮想通貨トークン」である点です。仮想通貨トークンとは「ブロックチェーン上で発行した独自コイン」の事を指します。仮想通貨の場合は発行者がいる為「株式」のような性質を持ちますが、仮想通貨トークンの場合は供給量を開発元で決定する事ができる為、株式の性質とは異なるものとなります。

ここでは簡単にCOMSAトークンの購入方法についても触れていきたいと思います。まず、COMSAにアカウント登録をします。この時必要なのはメールアドレスだけなので簡単に登録ができます。次にCOMSAアカウントにログインし、二段階認証の設定を行いましょう。折角購入した仮想通貨トークンが盗まれては元も子もないのでここの作業は忘れずに行うようにしましょう。次に投資通貨を決めます。トークンの購入に使える仮想通貨は以下4種類です。

Zaifトーク
NEM
Etherium
Bitcoin

レートに関してはCOSMOのICO一覧で確認できるので事前に確認しておきましょう。ここでCOSMOトークン購入資金をどこの取引所から送金するからでやり方が変わってきます。大きく分けてZaifから送金するのか、それ以外の取引所から送金するのかで変わってくるのですが、ここではZaifから送金する方法を見ていきましょう。

ZaifとCOSMOは運営会社がともにテックビューロなので操作方法にも互換性がありオススメです。手順としてはCOSMOにログイン→ICO一覧をクリック→購入するをクリック→振替希望額を入力→Zaif講座から振替をクリック。この先はZaifとCOSMOの連携機能により瞬時に処理されるので、待ちましょう。

ここの処理が完了すると、画面上に振り込んだ額が反映されてCOSMOトークンの購入が完了となります。購入まで大きな手間暇がかかる訳ではないので、1度試しに購入してみるのも良いかもしれません。ただ、世界中から注目を浴びているだけあってサーバーがダウンしたり、振り込んだ金額が反映されるまで時間を要する事もあるようなので注意しましょう。

まとめ

本人確認の遅延や鯖落ちで評価を落としているZaifですが、取引所としての役割以外にもこのように色々な取り組みを行っています。事務手続きなどはもう少し頑張ってもらいたいですが、応援したい取引所です。