がちりびと

仮想通貨で億り人になるための方法を日々研究しています。

DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判は?メリット、デメリットから口座開設までの流れについてがちでまとめてみた!!

f:id:gachiribito:20180210004142p:plain

仮想通貨の取引を行う際、どの種類の通貨を購入するかを考える人はほぼ100パーセントと思われますが、取引所に関してもしっかりと考慮していますでしょうか?

仮想通貨の取引所の違いによって細かいサービスに違いがあり、それによって利益が大幅に変わってしまう可能性もありますので要注意です。

本稿では、DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判やメリット、デメリットから口座開設までの流れについてまとめてみました。

DMM Bitcoin(ビットコイン)のスペック

取引所名 DMM Bitcoin
会社名 株式会社 DMM Bitcoin
資本金 2億9,000万円
取り扱い銘柄 ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
イーサリアムクラシック
ライトコイン
リップル
ネム
レバレッジ 5倍
公式HP https://bitcoin.dmm.com/

実際に使ってみた評価

f:id:gachiribito:20180210001341p:plain

DMM Bitcoin(ビットコイン)とは

DMM Bitcoin(ビットコイン)は、「株式会社DMM.com」のグループである「株式会社DMM Bitcoin」が運営する仮想通貨取引所です。

実は、「株式会社東京ビットコイン取引所」という社名で数年前から事業を行っており、仮想通貨の取引所として本格的に参入することになりました。

タレントのローラさんがCMに出演していることでも話題になっています。

DMM Bitcoin(ビットコイン)のメリットとは

ここからは、DMM Bitcoin(ビットコイン)を利用する上でのメリットを紹介します。

セキュリティ面がしっかりとしている

コインチェックの顧客資産流出問題が記憶に新しく、「自分の仮想通貨や現金は大丈夫か」と不安を抱く方も多いのではないかと思われます。

DMM Bitcoin(ビットコイン)は、コールドウォレットというオフラインで顧客資産を管理する体制や、2段階の認証、複数署 名が要求されているマルチシグ導入というセキュリティ体制を敷いていますので、容易なハッキングを許しません。

もちろん、顧客資産の分割管理もしっかりと行っているので顧客資産毀損の可能性も極めて低く心強いです。

レバレッジ取引が充実している

証拠金を預けることで多額の取引ができるレバレッジ取引ですが、DMM Bitcoin(ビットコイン)ではさらなる恩恵を受けることができます。

基本的に現物取引ではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)以外の仮想通貨が取引できないのがDMM Bitcoin(ビットコイン)のルールです。

しかし、レバレッジ取引を行うと上記の二つに加えてビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)・イーサリアムクラシック(ETC)・ネム(XEM)・ライトコイン(LTC)が取引可能となり、合計7種類の仮想 通貨を扱うことができます。

仮想通貨によってチャートの変化は当然異なりますので、上がり目のある仮想通貨を購入できる可能性が高まるのは利益を増やす上ではとても大きな要素になり得るでしょう。

ただし、裏を返せば現物取引では2種類の仮想通貨しか扱うことができないということになりますので、注意しておく必要があります。

口座開設等の手数料が無料

DMM Bitcoin(ビットコイン)ではレバレッジ取引以外に手数料が掛かりません。 そのため、口座開設や維持、入金にお金が掛かることがなく、とても利用しやすいです。

DMM Bitcoin(ビットコイン)のデメリット

ここからは、DMM Bitcoin(ビットコイン)を利用する上でのデメリットを紹介します。

スプレッドが広いことが気になる

前項にてDMM Bitcoin(ビットコイン)が手数料がほとんど掛からず利用しやすいと 記載しましたが、お得に利用できるかに関しては、スプレッドを考量する必要があります。

スプレッドは直訳すると広がりという意味の言葉ですが、取引相場に関しては売値と買値の開きのことを指します。

基本的にどの取引所も買値の方が高額になっており、全く同じタイミングで仮想通貨の購入と売却を行うと仮定すると、取引所側に儲けが出るようになっています。

仮想通貨の取引においてはこのスプレッドによって損してしまう部分を手数料の一部と考えることが多く、実際に仮想通貨を売却する際には注意しなければなりません。

DMM Bitcoin(ビットコイン)はこのスプレッドが広い傾向にあり、実質的な手数料がかさむ可能性があるのがデメリットです。

短期間で仮想通貨のチャートがグンと上がれば スプレッド分は特に気になりませんが、少し上がる程度ではスプレッドで損する分とトントンになってしまったり、赤字になってしまう危険性もあります。

もちろん、購入時より相場が下がった場合は損失分とスプレッド分がもろにのしかかってしまうので、市場の流れをよく読んで取引することを心掛けなければなりません。

みんなの評判

やはりレバレッジ取引は人気があるみたいですね!!

口座開設

様々な手数料が0円!仮想通貨なら【DMM Bitcoin】から公式HPにアクセス

②メールアドレスの登録

③基本情報&本人確認書類の提出

④口座開設完了

まとめ

総合すると、DMM Bitcoin(ビットコイン)はレバレッジ取引を行って仮想通貨を購入したいと考えている人にはマッチする取引所と言えるでしょう。

一方で、現物取引での仮想通貨購入を考えている人や、スプレッドが広くない取引所で購入したいと思っている人は、慎重に考慮すべきかもしれません。

仮想通貨の歴史はまだ浅いですが、それは同 時に取引所の歴史が浅いことも意味しています。

したがって、取引所のサービスに関しても新たなものが登場したり、変更されたりする可能性もありますし、市場の変化によっては予期せぬことが起こることにも注意しなければなりません。

仮想通貨で利益を出すにはその時々で最善の選択をすることが大事になりますので、今市場で何が起こっているのか、取引所がどのようなサービスを行っているかなどを常に調査しておくことも求められているのです。